報告を本当に重要と認識しているか

 以前に「ホウ・レン・ソウ」について書きましたが、「報告」については特に思うところがあるので再度ここで3点ほど考えてみます。

 

 まず1点目。実際のところ、報告無しでも状況や結果だけであれば見れば分かるという場合があります。何かひとつ立体的なもの(建物や大型機械など)を作っている途中や人や物が大体どのように並んでいるか、メーターで数値が表示されるようになっているなど、全国的な組織の上層部でもない限り現場の管理者ならば部下からの報告を待つまでもなく自分で状況や結果を把握できます。また、近年では「見える化」と称して、報告や共有すべき情報を容易に見える形にする取り組みが注目されていますが、これは報告という業務を省力できる点が魅力のひとつになっているでしょう。

 

 2点目は報告を得るために専任の担当者を置いている場合があります。例えば消防や機動隊などでは現場担当者は対処するのに必死であり、その最中ではとてもではありませんが報告は上げられないため、指揮官の補佐の位置づけで「伝令員」を配置しておき、指示を下達するとともに現場の情報を収集して迅速に共有を図るようにしているそうです。報告も仕事のひとつとはいうものの、本当に報告を重要と認識しながらも現場に負担をかけられないと考えたなら、報告のための担当要員を配置するというのも管理者は想定しておかなければならないでしょう。

 

 3点目は報告を定期的かつ形式的にするなど簡易化している場合があります。ときに上層部から突然「あの件は今どうなっているかね?」という下問があったので、現場担当者に作業を中断させて報告のために情報を集めてまとめるという飛び込みの報告業務が発生したという経験をしたり見聞きしたりといったことはないでしょうか?仕事中での突然の中断は業務効率の大敵ですので、回避できるものであれば回避したいものです。これについては報告を求める側が猶予をもって報告日を事前に設定しておく、その報告結果を元に何を判断したいといった作業目的や着目点を具体的に伝えておくことが基本です。とはいえ上層部の人間ともなると、「相手の立場に立て」とか「仕事の目的を理解しろ」と言いながら平然と相手の都合も理解度も関係なく指示してくることがあるのが現実です。

 

 報告はたしかに重要な業務のひとつですが、報告する側もされる側もその内容が経営に活きるものになるよう、そして惰性で続ける内向きの資料づくりに終わらないよう常に見直してゆきたいものです。

 

昔の幼稚園児のサッカーを見て

 正確な月日は忘れてしまいましたが、以前に近所の幼稚園で園児がサッカーをしているのを偶然外から眺める機会がありました。それなりのサッカー指導者はついているようでしたが、なにせ学んで間もない幼稚園児なので、ゴールキーパー以外の全員でボールを触ろうと敵味方入り乱れた集団でボールをずっと追いかけ回しているのが愉快で可愛かったという記憶が残っています。しばらく経験してゆけば、ちょっと離れたポジションに待機した別の子供にパスが通って、その子供が楽にゴールを脅かす場面に出会うことになるでしょうから、「今のは危なかった」とか「離れておくのは頭の良い方法だ」という発見をいずれ思い知ることになったでしょう。

(ちなみに故意に後ろから蹴ったり、倒されたふりをしたりする幼稚園児は全く見ませんでした。)

 

 しかし幼稚園児に限らず、その場その場で自分のなすべき役割を見つけて行動を考えて実行するというのは案外難しいことなのかもしれません。

 なすべきことや容易にできることがあるにも関わらず察知できない無邪気な人がいれば、できる能力も資源もあるのに無関心で何もしようとしない事なかれ主義の人、ただの野次馬で騒ぐだけの邪魔な人、幼稚園児のようにまっすぐに行動するけれど少し工夫に欠けている人、少し離れて様子を見ながら的確に指示を出せるリーダーシップのある人、立ち止まってずっと考えているだけの長考型の人などなど様々な類型が現実には存在していそうです。

 

 ジャーナリストの本多勝一氏が問題提起として、日本は「メダカ社会」であって、周りの人と同調してゆくことを行動原理としてしまっており、自分の頭で考えて行動する人が少ないという主旨の批判をしていたのを読んだことがあります。確かに日本人は自分の考えで行動する人が少ないという点は同意できますが、行動するだけでも未だましな気もします。

 

 そもそもなぜ皆で同じことをやってしまうか、という点について個人的に考え直してみると、短期的あるいは局所的には頭を使うか手足を使うかはともかく自主的に行動すべき事柄を見つける姿勢をもっておくこと、長期的あるいは大局的には周囲の同調圧力や日々の定型業務に流されずに自主的に自身の価値観に従ってより良く変化してゆくことを指向する意識が鍵になるのかなと考えています。もちろん次の問題として、自主的に行動すべき事柄を見つける姿勢とより良く変化してゆくことを指向する意識をどう身につけるかという更に抽象的な課題への取り組みがあるわけですが、これはまた別の機会に紹介したいと思います。

 

 皆さんも幼稚園児のサッカーを見る機会があれば、是非ご覧になることをお勧めします。いろいろ考えさせることが浮かぶことでしょう。

始業時刻には厳しいが終了時刻には甘い

 日本人の労働時間の長さ(つまりは生産性の低さ)に関する意見の中で、始業時刻を守ることに対しては非常に厳格なのに反して、終了時刻が延びることに対しては非常に寛容という指摘があります。インターネット上で外国人からの最近の指摘として広まったようですが、多くの方が首肯せざるを得ない現実的な問題点と言えそうです。

 対外的な「納期」であれば意識されているはずの時間厳守の考えが、内部向けでは意識されないというのも考えてみるとおかしな現象です。

 

 背景を幾つかここで推測してみると、まずひとつ考えられるのは戦後の高度成長期に残業代を頼りに給与を稼いでいた時代の慣習が、現在に至るまで解消されてこなかったという点が浮かびます。他には、「お客様は神様」なのでサービス提供時間が長いことや時間をかけて仕上がりに注力することを良しとして労働者側の権利を軽視する価値観もあるかもしれません。また、管理者側が所要時間を的確に見積もることができていなかったり、自分に次の予定が無ければ関係者(特に目下の人間)の終了時刻後の都合は考慮しなかったり、といったことが日本的経営の隠れた要素になっていたことも想像できます。

 日本の鉄道の運行時刻に関する正確性は、軍国主義時代に鉄道会社に対して軍部が強く指導していた名残であるという話を聞いたことがあります。当時の軍部の価値観からすれば、下々の国民の個人的な時間を奪うことなど何ら痛痒に値しないことだったでしょう。鉄道会社に留まらず日本社会全体として戦時下に浸透した時間厳守の考えが上意下達だったことが、戦後になっても広く組織風土として残っている可能性も考えられそうです。

 

 何とか終了時刻を厳守する意識を根付かせたいところです。

 就業時間中の会議に関しては、管理者の方のスケジュールを詰めてゆく、つまり次の予定が常に手帳やカレンダーにぎっしり入るように計画性の指導と実践を指示しておけば、次の予定の開始時刻を守るためにその前の会議の終了時刻を守るようになるのではないかと思います。

 または就業時間の最初に朝礼をしているように、就業時間の最後には「終礼」を毎日実施してから全員即座に帰宅するよう経営者が決めるということもできないでしょうか。

 他に気になっている点としては、始業時刻に遅れた場合には「遅刻」という「罪状」が名付けられていますが、終了時刻を延ばした場合についてはこれといった「罪状」が決まっていないように思います。遅延とか延滞では意味合いが弱いので、何か悪い印象をより強く与える命名と普及があっても良いかもしれません。

 

 皆さんの中で何か妙案はないでしょうか?

 

創業と守成いずれが難きや

 あるサービスでバージョンアップした直後に問題が発生したり、長期にわたってずっと安定して運営されていたものが巨大になってしまい大きな変更や改善が難しくなったりという制度疲労関連の話題を見聞きしたときに、個人的に「創業と守成いずれが難きや」という言葉を思い出すことが増えました。

 以前はもっと頻繁に見られた言葉だったと思いますが、最近はこうした批評にあたっては中国の故事来歴などより、欧米の学識研究結果を示す方が好まれるようになっていて、あまり使われなくなったのかもしれません。

 

 ときには「守成は創業より難し」と言い切った表現も見かけますが、出典である貞観政要(じょうがんせいよう)の巻第一の第三章では「草創と守文と孰れか難きや」という字句になっていて、これが現代の日本語表記で分かり易いように、「創業と守成いずれが難きや」という表記で広まっているようです。

 遣唐使でお馴染みの唐の2代目皇帝である太宗が西暦636年(貞観10年)のあるときに臣下に対して投げかけたこの問いに対して、房玄齢という重臣は、命を懸けて群雄割拠の乱世を勝ち残り天下統一の世を築くのだから創業の方が困難と答え、別の重臣である魏徴は、天下統一して独裁者となった後には巨大事業や戦争で人民を苦しめて結局は国を衰退させてしまう(前王朝の隋を含め)政権が多いので守成の方が困難と答えたといいます。

 現代の日本人一般にとっては挑戦や新発見、創造することの方が困難という受け止め方も大いにあるかもしれません。「コロンブスの卵」のように、後になってみると簡単に思えることも最初に実現するのには相当の困難を経ていることが多いのも事実ですから。

 さて二人の重臣の答えに対して太宗は、両者とも正しいとしながらも、もう創業はできているので一緒に守成のために慎もうと言っています。この返答自体は優等生的な感じですが、この質問を設定できるところに凡人では無い素養をもった大人物という印象を抱かせます。

 

 誰が定めたものかはわかりませんが、貞観政要は宋名臣言行録と並んで中国古典における帝王学の書と目されている古典となっています。全280編の問答集となっていて比較的分量が多いせいか、全訳よりも選り抜き版の解説本が何冊か流布しているので、興味のある方は手に取られても良いと思います。個人的には、とにもかくにも臣下の意見を重視すること、自身も意見を吟味できる知見を磨くことを説いていることが全編を通し貫かれていると思いました。

 

 それにしても現在の日本においては、改善しながらの維持・運営といった「守成」よりも、革新的な仕組みへの置き換えにあたる「創業」くらいでないと問題解消が実現しないような気にもなってしまうのが困るところです。

工具箱の中身

 これから一人暮らしや新婚生活といった新生活をはじめるにあたって、新たに揃えるべき日用品のひとつとして家庭用の『工具箱』を考えておられる方も多いことでしょう。

 ここではひとつの参考としてわたくしのまとめを紹介させていただきたいと思いますので、よろしければお付き合いください。

 

 ただ、あらためて前置きしておきますが、あくまでも家庭用として新たに揃える方を想定した話となっています。「工具」には非常に種類が多く、その用途・場面別に専門的なものが多種多様に(値段別にも)用意されているため、万人向けの紹介というものが難しいという現実があります。ちょっと思いつくままに挙げてみても自動車整備用、自転車用、木工家具作り用、電子工作用、プラモデル用、配線工事用、台所やトイレの水回り修理用、内装工事用などが考えられるため、一般人が最初に買い揃えたい家庭用基本セットの一例として御覧願います。

 また、工具を購入したからといって構造を十分に理解しないまま蛇口やトイレの水洗機構、ドアノブ、パソコンなどの修理を試みることは止めておくのが無難です。分解したものの修理ができず、元にも戻せなくなるくらいならば、最初から専門業者を呼ぶ方が安全かつ安心です。

 

 

ドライバー(ネジまわし)

 プラスとマイナスで大きさの違うものがそれぞれ最低3種類ほど必要でしょう。例えば大きなネジに小さなドライバーを当てて回すと、ネジ山が崩れる(ネジをなめる)ことになって緩めることも締めることもできなくなってしまいますので、使用の際に注意しなければなりません。

 また、軸の短いものは回しやすいのですが、機械の奥にあるネジには届かなくなることがあるので覚えておきましょう。

 

巻き尺

 金属製のストッパー機能付きメジャー(コンベックスケール)。家財や収納、部材などの大きさを図れるような、3メートルくらいあるものが使い易いのではないかと思います。

 

モンキーレンチ

 六角形のナットやボルトを緩めたり締めたりするレンチの中でも、大きさの調整ができるようになっているもの。これも上記のドライバーと同じく、大きさを調整する際には隙間のないようにして、ナットやボルトの角を潰さないように注意します。

 

鋸(のこぎり)

 これは木材用で折り込み式のものと、金属用のものを1本ずつ用意しておけば十分でしょう。

 

ペンチ

 部品などを掴んだり、細いハリガネや電線などを切断したりする場面で使います。

 先の細くなっているラジオペンチや掴むことに強いプライヤー、切断に特化したニッパーなどがありますが、通常のペンチだけで事足りるものと思います。

 

電池チェッカー

 乾電池の容量が残っているかを確認する道具です。テスターのような高機能なものでなくとも、残量だけを簡単に診ることのできる安価なもので十分ではないかと思います。

 例えばラジオが聞こえない、懐中電灯が点かないといった場合には、先ず電池切れなのか機械の故障なのかを疑うことになるため、持っていて損はありません。

 

ハンマー

 釘を打つ場合の他にも、曲がった金属部品を叩いて直そうという場合や不要な釘を抜きたい場合にも使用できます。

 片方で釘を打ち、もう片方で釘を抜くという形状のものが家庭用のものとしては便利ではないかと思います。他に、片方が平面、もう片方がゆるい球面になっている形状のもの(玄能、玄翁)などもあります。あまり大きく重いものは使い難いので、ちょっと小さいと感じるくらいのものでも良さそうです。

 

錐(きり)

 釘やネジを打つ前には、位置がずれるのを防ぐのと直角に入りやすくするため、先に錐で少し穴を開けておくと便利です。

 

彫刻刀セット

 大きなノミは使わなくとも、木材をほんの少しだけ切ったり原因不明の汚れを思い切って削ったりという場面では安価な彫刻刀で対応できることがあります。

 

工具箱

 箱そのものは上記のものがすべて収納できる大きさ(特に長さ)があり、間仕切りなどで小物が取り出し易くなっているものが選定条件になります。

 ただし内容物はおいおい買い足して増えることが多いため、大きさには十分な余裕があることと、重くなっても持ち手が耐えられるような材質と構造であることに注意しましょう。

 そして一年に一度は内容物の点検をして、錆びたり固まったり、不要になったものを整理すると良いでしょう。5月9日が日本記念日協会に登録された「工具の日」になっているそうですので、この日を目安にしても良いと思います。

 

 

 

 以上で10点の「工具」を紹介いたしました。一般家庭で必要となる場面を想像した限りでは、必要なものはこれでほぼ網羅できたと考えています。しかし工具そのものではないけれど付言した方が親切と思われる事項がありましたので、蛇足ながら以下に述べさせていただきます。工具とは意識しないで既に用意されていれば何ら問題ありませんが、念のため。

 

ネジと釘

 ドライバーとハンマーを初めて購入する際に、ついでにネジと釘も購入する方は多いと思われます。今後使用する場面でこれもあった方が安心です。長さや大きさの異なるものが詰め合わせて売られていますので、これが便利でしょう。

 必要に迫られた時に適切な大きさ・長さのものを必要数だけ買うという考えももちろん間違いではありません。

 

小分け箱

 特にネジについては、大きさや長さの異なるものを取り扱うことがあり、加えて転がりやすいため、その種類別に小分けに置ける箱があると便利です。

 

接着剤

 文房具として別に用意してあるかもしれませんが、瞬間接着剤と多用途接着剤は工具箱にも保管しておくと便利だと思います。

 

ヘッドランプ

 家庭内での作業場所が天井の照明が当たらない暗がりになっている、あるいは機械の奥の方でよく見えないということがあり得ます。この時にヘッドランプや小型の懐中電灯があれば手元を照らすことができます。

 

軍手かゴム手袋

 作業そのものが困難にならない限りは、怪我や汚れの軽減・防止のため軍手(作業手袋)を着けるべきです。また電気の帯電・通電している作業時には、ゴム手袋を着けることがあります。

 

マルチツール

 ドライバーやプライヤー、鋸、ナイフ、ハサミなどが一体になったマルチツール(Victorinox社のアーミーナイフやLeatherman社の折畳み工具などが有名)を予備として机の引き出しに入れておけば、重い工具箱を持ち出すまでもなく必要な作業を済ませられることもあります。

 

家庭教育についての教育

 皆様のなかでお子様をお持ちの方は家庭内での教育についてどのようなお考えをお持ちでしょうか? 何を何歳のときにどのように教えるべきかを決めておられるでしょうか?

 

 信頼できる機関による広域調査を確認したわけではないのですが、実感としては乳幼児の段階では母親による読み聞かせが中心で、あとは幼稚園や公教育の年齢になったら学習塾や習い事(これらは正確にはもう家庭内ではありませんが)に通わせたり、日常生活の中で目についたことを注意したりすること(いわゆる躾)くらいではないかと思います。他に少数派として、具体的な叱り方や褒め方について意識している方や、信教に基づいて子ども向けの道徳的な説話に触れさせる方、好ましい本を買い与える方などがいらっしゃることでしょう。いずれにせよ現代で家庭教育に強く意識をもって具体的に取り組んでおられる方は奇特だと思います。そうした知識を得る機会がそもそも多くはないと考えます。幸運にして自身が比較的に恵まれた家庭教育を受けた経験がある方に限れば、その体験に照らして同じような家庭教育を意識することなく施すことができるかもしれませんが、生活環境が世代を経て変容すると自身のお子様にはそれほど有効でなくなることも十分に考えられます。

 

 逆に家庭教育などと特に改めて構えることなく自由放任とするというお考えの方も少なからずおられるようです。しかし学級崩壊やイジメ、不登校、落ちこぼれ、非行といった現下の教育現場の問題について見聞きすれば、やはり大多数の方はご自身のお子様のための家庭教育の意義について、その重要性は理解されておられるものと想像できます。

 またそうした後ろ向きの問題ではなく、より良い将来のために英才教育や情操教育、特技の習得に取り組ませたいと期待されている方もきっとおいででしょう。見せたい場所や景色、読ませたい小説、見せたい映画、会わせたい人、食べさせたい料理、預けるべき金融商品、暗記テクニックなどなど挙げてゆけばたくさんあることでしょう。特にお子様自身が未だ選ぶことができない段階であれば、やはり家庭教育として広く検討できるはずです。

 

 価値観や生き様の多様化が進む現代そして将来において、お子様の教育について学校や学習塾で用意される内容では不十分と考えるべきです。家庭教育について教育を受けてこなかったのであれば、自主的に勉強してゆくほかありません。ヨハン・ハインリヒ・ペスタロッチやハーバート・スペンサーなどといった古典よりも、現代の出版物から参考になりそうなものを拾ってゆきながら考えを固めてゆくのが比較的容易ではないかと思います。

 

 それにしても、家庭教育を施した子供がそうでない家庭の子供と付き合うようになって失敗してゆく事例は決して少なくないと見ています。自身の最大の財産を他人に傷つけられるというのは、どうにも耐えられない話ではないでしょうか。

 

教科書検定で本当に見てほしい基準

 教科書検定についてニュースで採り上げられるのは歴史問題が通例だが、そもそも学習する側の児童にとってはもっと分かりやすく、独学や自習に耐えるような説明文が記載されているか否かを重要な基準にして欲しいと考えている。

 

 教科用図書検定基準の第2章「教科共通の条件」を読むと、学習指導要領で定めた内容を漏れなく教えることを主旨とした記載になっていることが分かる。また学習意欲のある児童のための施策も見られる。そしてここで教科書というものは学習現場で教師が説明をすることを想定していることも読み取れる。

 これは自明のことのようにも思えるかもしれないが、自ら復習しようという児童や病欠したので自習しようとする児童、1学年分を一時に予習しようという児童にとっては、教師の説明が必要では諦めるほかない。教科書中に出てくる練習問題や設問についても答え合わせをすることができない。つまり、いわゆる落ちこぼれ児童への対応策としても、理解が早い児童への配慮としても教師の説明が無いと分かりにくい教科書というものは不親切な存在なのだ。

 

 現行の教科書だって繰り返し読めば分かる、という言説もある程度は真実だが、それでも教科書の説明は全般的に短い上に不親切であり、教師の説明を前提としていると思わざるを得ない。そうした教科書では理解度の進んでいない児童にとって自習ははやり難しいだろう。もしももっと詳しい説明文を(ときには説明図も)徹底できれば、上記の問題点の解決にとって有効な対応策にならないだろうか。

 理解度の進まないような児童は概して教科書をあまり読まないので、説明文を詳しく長くしたところで意味が無いかもしれないという意見も出そうだが、それでも予習か復習ができる材料が手元に揃っているのは意味があると考える。また、理解の進んだ児童は余った時間で応用問題に取り組むもよし、不得意科目の勉強に取り組むもよし、次の学年の教科書を入手して更に進んでいってもよいだろう。教師は計画通りの年間日程で授業を進めつつ、個々の児童の進度に応じて教科書に残る不足を補って説明し、児童が勉強を楽しいと感じる場を実現することに注力できるようになることが目標だ。

 

 

 ここで予想される現実的な懸念事項として点として、教科書が厚く重くなってしまうことが挙げられるだろう。この点は紙媒体である以上は回避できない。

 また他の懸念事項として、説明文が長く詳しくなることで読むのにあたって抵抗感を感じる児童もある程度増えそうだということで、これについてはレイアウトや文字の大きさなどで工夫するしかない。(個人的には文章が長くとも読みやすければ問題ないと思うが、一般論としてはやはり個々人の感覚に左右されるのは間違い無いだろう。)

 

 さらに余談になるが、大学の教科書なども決して独習には向いていない説明が不親切なものが多いと思う。これも教授が授業で補足説明することを前提にしているのではないだろうか。あるいはそもそも学生向けでなく自身の所属する学会向けの実績づくりで著していたり、自分の大学内でのみでしか売れないことを前提としていたりする教科書も多いのではないかと邪推してしまう。

 仄聞する限りでは欧米の大学のテキストというのは多くが大冊になってはいるものの、文章は平易で繰り返し説明も見られるそうで、学習者にとっては明らかに日本の大学よりも予習や独習に適していると考える。

 

 さて皆さんは重いが詳細な教科書と軽いが簡便な教科書のどちらが好みでしょうか。